2020年が終わろうとしています。biblioteca代表の勝木えりです。

2020年はbibliotecaを開業し、モンテッソーリ教育を日本中の方に届けるミッションに向けて小さな一歩を歩み出した年でした。
スタートしてすぐに新型コロナウイルスの流行が始まり、日常が思いもしない形で奪われてしましました。
子どもたちも、子どもを見守る親も、少なからずいつもと違うストレスを抱えながらこの1年の大半を過ごしてきたと思います。
(私も結構キツイ場面がありました・・・泣)

でも
このサービスを通して出会う親御さんや、志を共にするモンテッソーリ教師の仲間たちは、皆さん
コロナ禍であっても「子どものために・未来のために」と歩みを止めない方達ばかりで、
むしろ「こんな時だからこそ!」と前向きに捉えられる方が多くて
実は元気と前に進む力をたくさん貰っていました。

お客様からは
bibliotecaとご縁があって、教具のある生活を始めることでお子さんのことをよく見るようになり
子どもの頑張っていることに気付けるようになった、
子どもの得意なことに気付けるようになった、
子どもの発達や趣向に合う手法が選べるようになった、というお声をいただくことがあります。

それって最高じゃないですか?!?!

私自身フルタイムのワーママとして働いていたので、
もっと子どもとの時間が欲しい!
もっと子どもの成長を見守りたい!
そう思っていたんですよね。

それがこのサービスで少しでも解消されて
親子の時間が少なくても濃密になっていたら嬉しいなと改めて感じています。

2021年はサービスをよりパワーアップして
様々な学びの機会が提供したいなと思います!
親御さんがお子さんたちの素敵な笑顔がたくさんみれる1年になりますように。

biblioteca
勝木えり

コメントする